エンジニアのキャリア戦略

僕のエンジニアのキャリアは

新卒入社した会社で2年間社内SE2

フリーランスエンジニアとして独立

法人化(一人法人)

現在

という感じで学生時代を含めると6年近くエンジニアとして活動してきました。

 

振り返ってみると会社員からフリーランスエンジニアになることに全く迷いはなかったのですが、フリーランスエンジニアから現在のスタイルに至るまでにはいろんな選択肢があって悩みや考えごとも多かったです。

フリーランスになってから悩んだこと
法人化するかしないか
会社員に戻るのか戻らないのか
一緒に起業しよう、CTOに誘われる
ストックオプションの誘惑
WEBサービスを開発する
なんの案件の仕事をするか(AI・ブロックチェーンなど)

現在は法人化してフリーランスエンジニアの活動をしながら、YouTubeの配信とブログを書いて生活をしています。
この記事では僕が実際に考えてきたエンジニアのキャリア戦略、セカンドキャリアについてまとめています。

エンジニア独立のすすめ

新卒でエンジニアとして入社、もしくはプログラミングスクールを経て入社した場合には、次のキャリアは転職か独立を考えるのではないでしょうか。

 

いきなりフリーランスエンジニアになるのもハードルが高く感じる人も多いので、本当に行きたい会社の面接に落ちたらフリーランスになってみることを僕はおすすめしています。

フリーランスエンジニアになるための3つのステップはこちら↓

フリーランスエンジニアの次のキャリア

僕が長年(といってもここ3年くらい)悩んできたのが、フリーランスエンジニアになった後のキャリアについてです。

 

上を目指そうとした場合は、法人を作ってビジネスを始めるかCTOになろうとする人が多い印象です。
僕は法人化し事業を始めようとしましたが、やめました。

 

売り上げ的にも法人化した方がメリットがあるので、そのまま一人法人として継続しています。

 

いま実際に考えているところなのですが、クライアントワークを中心に且つ経済合理的な選択をするとなるとPMのポジションを狙うことなのかなと思っています。

 

こちらは進捗あり次第随時更新していきます。