find-a-book

いままで自分が知りたかった業界や分野を調べる・勉強したい時には、どの本を購入するのかをじっくり検討する時と、Amazonで適当に評価をついているものを購入するときがありました。

おけぐち
単に思いつきのキーワードから検索して、気分で購入していたと言えます。。


実際に書籍を購入し、読む度に感じていたのは、探すのは面倒だけど質の良い本にたどり着きたいということ。

そこで効率よく良書を探し出し、安定してハズレのないものを購入できる方法はないのかと考え、実行。その方法を以下にまとめてみました。

【ステップ1】Amazonで調査したいキーワードを検索する

まずAmazonで調査したいキーワードを検索し、検索結果から、そのジャンル本の「Top Seller」でレビューが高いもののタイトルを全てピックアップします。

【ステップ2】ピックアップしたタイトル名 + まとめ or 要約 or 感想 で検索

ピックアップしたタイトル名+まとめ or 要約 or 感想 の組み合わせでGoogle検索します。

検索結果の1ページ目のリンクを全部タブで表示(PCならctr+クリックで別タブで開けます)し、各ページをパッと見5秒くらいで読む・読まないの印象を決めます

ここで読まないと判断したなら次のタブへ(タブは削除せずに残す)移動します。

【ステップ3】全てを精読せず、感想の部分は読み飛ばす

タブで開いたページで「読む」と決めたページは、精読する必要はありません。客観的な情報のある「引用の部分」やまとめの「要約の部分」を集中して読みましょう。

そして単純に良いと思ったところがあった場合は、メモします(メモ帳やEvernoteなどのアプリ)。

そのメモには書籍名をタイトルにして、メモを付け足していきます。

【ステップ4】ステップ2〜3を繰り返す

ステップ2〜3を繰り返すことで満足いく、買っても良さそうな本か判断できることでしょう。

その本を買う価値ありと判断できているものなのでカートにいれます。

まだ購入はしません。

【ステップ5】ステップ2〜4を繰り返します。

ステップ4で満足して、購入してしまいそうになるかもしれませんが、

開いたタブを全てクリアできるまで繰り返します。

だいたい5〜6冊分くらいできれば、次のステップへ進んでも良いでしょう。

【ステップ6】メモした書籍を振り返る

5〜6冊をメモした作業の中で、得られるものがあったらそこで終了しましょう。

もし新しい知りたいキーワードが思いついたらここまでのステップ1〜6までを繰り返します。

【ステップ7】最後に1番読みたいと思った本を購入

メモしてきたものを一通り流し読みします。

あなたが1番読みたいと思った本を購入しましょう。

知らなかったビックワードや、必要なところはスクショしたり、

メモして新しい知りたいキーワードをつくるのもおすすめです。

以上の繰り返しです。

まとめ

本をよく読む人なら、気になったもの全てを購入する人もいるかもしれませんし、それもまた別の楽しみがあるので良いかもしれません。

僕は効率よく良書を読みたい時期があったので、こちらの方法にたどり着きました。

もし本の探し方にお困りになった時は、皆さんにもこちらの手法をおすすめします!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事