こんにちは、現役フリーランスエンジニアのオケグチです。
フリーランスエンジニア専門エージェントのレバテックフリーランスが、平均年収862万円と数字を出しているように、フリーのエンジニアは比較的高収入にある傾向にあります。

 

僕の経験上フリーランスエンジニアといってもピンキリで、単価を上げられずにいる方も多いと思います。
僕は単価50万円→64万円→80万円と単価は比較的順調に上げてくることができました。単価が上がるにつれて、技術要件の難易度は上がってきています。

 

この記事では実際にどのような経緯で単価を上げ、自分の収入を更新し続けてきたのかを紹介したいと思います。

フリーランスエンジニアは優良エージェントを見極めよう

フリーランスエンジニアが高単価な仕事を獲得していくためには、もちろんスキルも重要なのですが、大前提としてエージェントにマージンを多く抜かれ過ぎないないことが大切です。

 

マージン率を公開しているエージェントもありますし、フリーランス初心者であれば透明性の高いエージェントを選択するのも一つの手です。
例えばMidworksはマージン率を公開しており、フリーランスエージェントでは珍しいフリーランス保証も充実しています。

今すぐに登録したい方はこちら↓

エージェントを利用するにあたりスキルにあった案件を紹介してくれるように、アーキテクチャを理解してくれるエージェント担当者と話をすることが重要になってきます。エージェント担当者と話が噛み合わない場合もあるので、注意が必要です。

 

エージェント担当者とは長期的にお付き合いする可能性が高いので、信頼関係を築いておきましょう。
仲良くなっておくと条件の良い案件を紹介してくれたり、希望する案件に参画できるようにサポートしれくれます。

 

決して利用しなくなったエージェントだからといってないがしろにすることはおすすめできません。
案件を探すときになったときには、再度エージェントを複数利用することになり同じ担当者とやり取りする場合があるからです。

優良エージェントのポイント
マージンを多く抜かれない
適切な単価の案件を紹介してくれる

フリーランスエンジニアになったらPHPやRubyといった動的言語の案件から離れよう


新しくプロジェクトを開発するときに、開発スピードが早く・人材も多くて確保しやすいという理由から採用される言語が特にPHPです。WordPressも普及していることから、扱える人口が多いために市場価値は低くなりがちです。

 

最近では特にLaravelフレームワークを使った案件が目立ちます。
Rubyはプログラミングスクールの台頭によって、爆発的に習得者が増えてきており、PHP同様に開発者人口が多いです。

 

つまり開発人口が多いために市場価値は薄れ、相対的に単価は低くなるということが起きているのです。
単価だけでなく、動的言語は学習コストも低いので、多くの開発者がいる分差別化が難しいです。

 

また動的言語の採用は、開発スピードを求めることも多いので、開発スケジュールがパツパツであったり、残業続きの稼働時間が長い現場も多いのが特徴です。

動的言語から離れるべき理由
単価が低くなりがち
現場がハードワークのことが多い

フリーランスエンジニアは静的型付け言語の案件を選ぼう

フリーランスの稼働案件には静的言語のものも多く存在します。
静的言語を使用したプロジェクトは開発コストがかかるので、比較的予算のある企業が抱えていることが多いです。

 

予算のある会社だと、単価も高く技術投資もできるのでスケジュールにも余裕がありがちです。
近頃だとGo言語を利用したサービスも増えてきており、扱える人材も少ないので単価も上がっています。

 

案件を探す際には、使用する言語やAWSやGCPといった環境をある程度絞って探しますが、動的言語だけでなく静的言語も習得していると案件の幅も広がるのでオススメです。

まとめ:フリーランスエンジニアの高単価は攻略できる

フリーランスエンジニアが高単価を実現するには、適切なエージェントと繋がること、市場価値の高いスキルセットを持っていることが必要です。変化の激しく、不況続きと言われている日本ですが、エンジニアにとっては追い風です。
まだフリーランスとして独立していないなら、まずはエージェントに登録して様子見してみるのもおすすめです。
フリーランスエンジニア専門のおすすめエージェントはこちら↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事