こんにちは現役フリーランスエンジニアのオケグチです。
僕はフリーランスとして3年間活動してきましたが、リモート案件よりも常駐案件を多く受けてきました。

オケグチ
フリーランスと聞くと基本リモートの作業をイメージする人も多いかもしれません

しかし実際にはリモートで作業している人よりも、常駐して活動する人が多いと思います。
人によって理由は様々だと思いますが、リモート案件に挑戦しようとしている方は是非参考にしてみてください。

フリーランスエンジニアのリモート案件と常駐案件の違い

フリーランスエンジニアのリモート案件は「クラウドワークス」「ランサーズ」といったクラウドソーシングで獲得している人が多い印象です。母数は少ないですが、その他にはフリーランスエージェントからの紹介や人伝いの紹介があります。

 

フリーランスエンジニア専門エージェントと人伝いからの案件獲得は常駐案件と契約形態など被るところはありますが、常駐案件はエージェントを利用して獲得することが多いです。

 

契約の点では、クラウドソーシングを使用した案件は納品型のものがほとんどのため、請負契約となります。
フリーランスエージェントを利用した常駐案件は多くが準委任契約です。

フリーランスエンジニアにリモート案件よりも常駐案件をすすめる理由


僕はリモート案件と常駐案件の両方を経験してきて、現在は常駐案件を中心に活動しています。

安定して高単価の収入を得ることができる

リモート作業を中心として活動する場合は、受託開発などの納品型の請負契約が多いです。その場合は納品しない限り収入を得ることはできません。自分の開発パフォーマンスの調整とクライアントが開発のキャンセルをしてくることもあるため、売り上げのコントロールが難しいです(下請けが不利な立場になるので、着手金の契約を巻いておくことが多いです)。

 

複数の案件を抱えることで売り上げを大きく伸ばすこともできますが、リスクを伴います。
一方常駐案件の契約(詳しい条件は個人契約に記載されることが多い)は3ヶ月更新のことが多く、契約を切られる場合は1ヶ月くらい前には確認することができるので、いきなり仕事や売り上げがなくなることはありません。ある程度のリスクヘッジが可能です。

 

準委任契約と合わせて、常駐の案件は人日か時間幅での精算になるので売り上げを安定させることができるのも理由の一つです。

準委任契約であることが多い

常駐案件は準委任契約のことが多く、納品物が想定どおりに完成しなくとも、報酬を請求することができます。

 

リモート案件によくある、受託開発は納品し切らなければ請求することが多く、納期までに完成させなければならないので、個人のパフォーマンスにも依存します。
請負契約の場合はクライアント都合でなくとも、開発の進捗によってスケジュールに間に合わなければ売り上げを大きく下げてしまう可能性もあります。

精神衛生面の安全性が高い

常駐案件は準委任契約の多さからも、自分のパフォーマンスによって売り上げが大きく下がるリスクは少ないです。
受託開発は開発が完了するまでは、安心できることが少ないので精神的に疲弊することが多々あります。
またリモートの案件にも、準委任契約のプロジェクトもありますが、作業場所に関係なく仕事をすることになるのでプライベートとの線引きが難しくなり働きすぎにも注意が必要になります。
またリモートの案件においてはコミュニケーションがチャットツール(slackやchatworkを使っている企業が多いです)に依存するので、慣れていない人には精神的にもストレスを感じることがあるかもしれません。

こんなフリーランスエンジニアはリモート案件に向いている

リモート案件でも条件の良いものがあります。リモート案件を受けても問題ない人は以下のようなタイプでしょう。

リモート案件に向いている人
・稼働時間を増やして売り上げを限界まで伸ばしたい
・開発パフォーマンスや体調管理などの自己管理ができる人
・slackでの頻繁なコミュニケーションをコストと感じない
・案件獲得の営業には困らない(受託開発)

まとめ:フリーランスエンジニアに常駐をすすめる理由とは

常駐案件をすすめる理由
安定して高単価の収入を得ることができる
準委任契約であることが多い
精神衛生面の安全性が高い

地方に移住するといったことがない限りは、常駐型の案件で稼働した方が、安定的にキャッシュを稼ぎきることができると思います。もし仮に何か事業などのやりたいことがあって、リモートを希望しているなら、まずは業後に小さな成果が出るまで、作業と活動をしてみることをおすすめします。ブラックな案件でない限りは、定時に帰れることも多いので十分に作業や活動が可能です。

常駐案件が豊富なエージェントについてはこちら↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事