いますぐ登録したい方へ

TECH::CAMP(テックキャンプ)総合力No.1のおすすめのプログラミングスクール
-------------------------------------

【Tech Boost】
キャリアから逆算した専門性の高いエンジニアになれるプログラミングスクール
-------------------------------------

【WebCampPRO】
転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクール!
-------------------------------------

【ポテパンキャンプ】
本気でRailsエンジニアになるなら、転職特化型Ruby実践研修のポテパンキャンプ

こんにちは。フリーランスエンジニアの ひぐち です。
僕は独学でプログラミングを勉強し、就職した会社でエンジニアとして経験を積んだ後に独立しました。

 

プログラミングスクールで講師をしている知人からの情報や教材から拝見するに、未経験者がエンジニアになる場合にはプログラミングスクールに通うのがおすすめです(理由は後述しています)。

 

近年IT人材の不足に伴いエンジニアの需要も高まり、エンジニアの数の少なさもあってか最近はプログラミングスクールも増え、未経験からエンジニアになる人も多いです。

 

一見するとエンジニアになるのは難しそうで、プログラミングスクールに通っても身につけられるのか不安な人もいるかもしれません。

 

しかし実際には多くの人が、未経験からエンジニアリングをはじめてプログラミングスキルを習得している再現性の高い職種なのです。
プログラミングを始めようとしている人・エンジニアになりたい人は是非参考にしてみてください。

未経験からエンジニアになるにはプログラミングスクールがおすすめの理由

エンジニアになる方法には独学する方法もありますが、プログラミングスクールをおすすめする理由は圧倒的に効率が良いからです。

 

もしかするとプログラミングスクールに通う事自体を迷っている方もいるかと思います。しかし独学する場合,エラーを直すのに1時間かかってしまうこともざらにあります。プログラミングはたった1文字打ち間違えるだけ、大文字小文字を間違えるだけでエラーとなってしまうので、小さいミスに気づかずに時間を浪費してしまうことが結構あります。

 

この効率の悪さは、プログラミングスクールに通い、現役のエンジニアや講師といったプロに聞けば数分ですぐに解決できます。値段は数万〜数十万円とお値段の張るものは多いですが、無駄なく効率的に学習することでスクール代は回収できます。

 

例えばプログラミングスクールとの同時並行で学習したスキルで、WEB制作の案件を受注することもできます。比較的需要も高く、制作の難易度は低いので1件10万〜20万円程度で受注できることも多いです。そしてカリキュラムを完結できれば時給2〜3000円といったエンジニアになることは難しくありません。

 

基本的にどのプログラミングスクールも流れは同じです。

エンジニアの給料水準は平均的なサラリーマンよりも高い傾向にあると思います。

基本的なプログラミングスクールの流れ
1.Webからの登録エントリー
2.担当者のメンターと面談
3.カリキュラム受講
4.サポートを受けながら就職活動
5.就職

プログラミングの教材のわかりやすさ・充実度がNo.1のプログラミングスクール「TECH::CAMP」


未経験者からエンジニアになりたい人、プログラミングとはどんなものか知りたい人の体験まで様々な学習コースを用意しているTECH::CAMP。学習コースの豊富さだけでなく、他のプログラミングスクールに比べて、教材の質が高いのが特徴です。

 

TECH::CAMPで講師をしている友人に話を聞いたところ、教材のアップデートの回数は1000回を越えているとのことです。プログミング学習の教材も見せてもらいましたが、受講生も15000人を越えていることもあって業界でもトップクラスの質に仕上がっているのだと実感しました。

 

プログラミングに挫折する人も多いので、確実にエンジニアになりたい・キャリアチェンジを成功させたいと考えている人にはよりおすすめできます。

 

無料体験会も実施しているので、興味のある人はまずは体験会でお話しを伺ってみるのが良いと思います。
申し込み・登録はこちらからできます。

無料体験会・今すぐ登録したい方はこちら↓教材のわかりやすさ・充実度がNo.1↓

キャリアから逆算した専門性の高いエンジニアになれるプログラミングスクール「Tech Boost」

エンジニアといってもAIやブロックチェーンなどの専門性ある分野もいくつか存在します。

 

とりあえずエンジニアになってみるのも良いですが、より専門性を身につけて市場価値を高めたいという気持ちがあるのであれば「学習コンテンツから期間まで、プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる「Tech Boost」がおすすめです。

 

最短3ヶ月から学べる実践的なスキルから、最先端の学習コンテンツが売りとなっているので、気になるコースが必ずあるはずです。

 

オンライン・オフライン共に受講可能なので、希望のスタイルで勉強を進められるのも魅力の1つです。

無料相談・今すぐ登録したい方はこちら↓キャリアから逆算した専門性の高いエンジニアになれる

学習継続率No.1、就職までの徹底したサポートがあるプログラミングスクール「DMM WEBCAMP」

「DMM WEBCAMP」は「学習継続率No.1の成果にコミットする」をテーマに運営しているプログラミングスクールです。

 

数あるプログラミングスクールの中でもオフラインのサポートには力を入れており、就職率98%(2019年5月時点)という数字を出しています。

 

ただオンラインのサポート行っておらず、東京と大阪のオフィスに通える人に限られてしまいます。しかしエンジニアとして転職を成功させるなら間違いのないプログラミングスクールで、万が一就職できなかった場合は受講料金を全額返金してくれる就職保証がついています。

無料相談・今すぐ登録したい方はこちら↓学習継続率No.1、就職までの徹底したサポート↓

本気でRailsエンジニアになるなら、転職特化型Ruby実践研修のポテパンキャンプ

「ポテパンキャンプ」のスクールの内容はRalsでECサイトを構築するという内容で、かなり実践的です。

 

ECサイトは決済も含まれるので、セキュリティ周りも意識することになります。
エンジニアになりたい方向けの選抜制のハイレベルなクラスもあるので、Railsエンジニアとしても自信をつけられると思います。

 

また講師には複数のRailsエンジニアもいるので、参考になるレビューやアドバイスを受けることができるでしょう。

無料相談・今すぐ登録したい方はこちら↓本気でRailsエンジニアになるならこちら↓

まとめ:おすすめのプログラミングスクール

エンジニアになる方法には独学もありますが、プログラミングスクールに通うことがもっとも効率よく確実な選択肢です。

 

どのプログラミングスクールも一長一短ありますが、一概にどれがいいのか決めることはできません。

 

ただどのプログラミングスクールを選んでも、受講する人次第で伸び代が大きく変わってきます。メンターの人には無制限に質問できるので遠慮せずに聞いてみたり、技術面におてもキャッチアップし続けることがスキルの向上に繋がります。

 

幸いにもエンジニアの市場には大きなお金が流れており、しかも人が足りていないこともあってか人材の市場価値や給料の水準は高くなっている印象です。この傾向は年々増していますし、今後もこの状況は続くと考えられているのでエンジニアにとっては追い風です。

 

この業界を知らない人と話をして驚かれるのは、ほんの数ヶ月プログラミングスクールで勉強するだけで誰しもがエンジニアになれてしまうということです。

 

文系理系に関わらずエンジニアになることができるので、大学生やキャリアチェンジ・転職を考えている人にはおすすめです。年齢も関係ありません。20代なら企業にとっても引く手あまたです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事